トピックス

NEWS

中国 電子科技大学などが開発した世界初の6G試験衛星の打ち上げに成功!

2020年11月6日、中国で通信情報技術などのIT分野で強みをもつ電子科技大学は、衛星インターネットテクノロジー企業の成都国星宇航科技(チャイナスターエアロスペース)などと共同開発した世界初の6G試験衛星「電子科技大学号」の長征6号ロケットによる打ち上げに成功した。

電子科技大学号衛星は重さ70㎏で、6G通信のためのテラヘルツ通信機器など、多くの科学研究実験装置を搭載している。同衛星は今後スマートシティー建設や防災、インフラ建設・モニタリングなどに活用されるという。

 

世界では通信業界の主導権獲得のために、5Gの次世代通信規格である6Gの研究開発が国家主導で開始されており、中国の他に米国・日本・韓国・フィンランドなどの国で研究開発が行われている。6G通信による5G以上の超多接続・超高速通信・カバレッジ拡張によって、クラウドなどのサイバー空間と現実空間がIoTによるデータの収集とフィードバックを介して高度に融合した世界「サイバー・フィジカル・システム」の実現が期待されている。

 

中国では大手半導体企業のファーウェイや通信企業チャイナユニコムなどが6G通信技術開発に向けた開発を開始したことを公表している。中国政府は2030年ごろの実用化を目指していると見られる。

 

参照|中国電子科技大学ニュース

Photo by Scott Evans on Unsplash

2020.11.12