• HOME
  • ニュース
  • 種子島での宇宙の仕事 株式会社コスモテック⑶ - SPACE Media

種子島での宇宙の仕事 株式会社コスモテック⑶

ケット打上げには地上施設の運用・維持管理といった業務が不可欠であり、この業務を行っているのが株式会社コスモテックです。

 

SPACE Mediaでは同社の関隆司氏と三宅拓未氏(2017年入社)にお話を伺い、全3回に分けて、就活生が気になる種子島での宇宙関連業務についてお伝えしています。

種子島での勤務や生活の様子についてご紹介した第2回に引き続き、最終回となる第3回では、就活生が気になるインターンや資格の話、求める人物像をご紹介します。

 

インターンシップについて

多くの就活生が参加するインターンシップ(通称インターン)。ここでは、コスモテックでのインターンについて関氏に伺いました。

 

(以下、関氏)

「コスモテックでもインターン生を受け入れています。しかし、宇宙センター内での業務がメインなので、セキュリティの関係で制約が厳しく、入社後の業務内容を真に理解していただくことは難しいかもしれません。

 

それでも体験できる業務はありますし、社内の雰囲気や種子島がどういうところなのかを自分自身の目で確かめることができます。業務体験だけがインターンの意義ではないと思いますので、ぜひ参加していただきたいです。」

Credit:株式会社コスモテック

 

資格取得について

コスモテックでは資格取得の支援を行っており、資格試験の申込み料や受験料は会社負担となっています。そして、資格の種類に合わせた支援を受けることができ、eラーニングを使って試験の過去問を解いたり、先輩に分からない点を聞いたりすることができます。

 

取得できる資格は、高圧ガスや火薬に関するもの、電気主任技術者、機械設計技術者などさまざまです。

また、入社までに取得したほうが良い資格があるのかについて関氏に伺いました。

 

(以下、関氏)

「入社前に資格を取得しなくても大丈夫です。

 

コスモテックは幅広い業務を行っているので、配属される部署によって必要な資格は変わります。ですので、入社してからキャリアプランに沿って資格を取得していくという考えでいいと思います。

もちろん、在学中に勉強して資格を保有している学生さんも大歓迎です。

 

求める人物像

最後に、関・三宅両氏に求める人物像について伺いました。社会人の先輩からのメッセージ、必見です。

 

関氏

「我々コスモテックの社員は、華々しいロケット打上げの土台部分を陰で支えていることを誇りに思っていますので、そこに共感してもらえる学生を求めています。また、やる気があることはもちろん、ロケットは多くの人・企業がひとつのチームとなって打ち上げるものですので、協調性がある学生に来てほしいと思っています。」

 

三宅氏

「コスモテックは新人研修が充実しているので特に求めるスキルはありませんが、学生の頃に自分のやりたいことを見つけ、チャレンジしてきた人と働きたいです。また、島外出身の社員も多いので、様々な地域の学生に来てほしいです!」

 

関隆司氏(左)と三宅拓未氏(右)

Credit:株式会社コスモテック

 

 

第3回では、インターンや資格、求める人物像についてご紹介しました。お二人の求める人物像に共通していたのは、やる気や協調性、チャレンジ精神といった人間性でした。就活の際は、ぜひその点を意識してみてはいかがでしょうか。

3回の記事が少しでも就活生の皆さんの助けになれば幸いです!

 

Takuma Kajisa