• HOME
  • ニュース
  • アルテミス計画・人が月に降り立つまでの7つのステップ 〜後編:人を月にどう送るか?〜 - SPACE Media

アルテミス計画・人が月に降り立つまでの7つのステップ 〜後編:人を月にどう送るか?〜

2025年までに、再び宇宙飛行士が月面に着陸することを目指す「アルテミス計画」―アメリカ・NASA(アメリカ航空宇宙局)の主導で行われ、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)や日本などの同盟国が協力します。

 人類が最後に月に着陸したのは、1972年に実施されたアポロ17号です。それから50年間、再び人類が月面に足を踏み入れていません。

 アルテミス計画では、月面の調査や研究、月へ行くための巨大ロケットや宇宙船の試験飛行を実施。そして、2025年に宇宙飛行士が月面へ再び着陸することを目指します。

 その7つのステップを前編と後編に分けて、後編では、人類が再び月へ踏み出す4つのステップを紹介します。

4 アルテミス1

いよいよ人類が月へいく準備段階に入ります。アルテミス1では、NASAが開発した超巨大ロケット「Space Launch SystemSLS」と宇宙飛行士が乗り込む「オライオン宇宙船」の無人飛行試験を行います。オライオン宇宙船は、地球と月を往復します。また、打ち上げを実施するケネディー宇宙センター39B発射台など地上システムの試験を実施します。アルテミス1ミッションは、20224月以降に行われる予定です。

組み立て作業が大詰めを迎えるNASAが開発したSLSロケット
Credit: NASA

 

宇宙船の「相乗り」として、13のキューブサットが搭載され、科学実験や技術実証をします。日本は、2機のキューブサット「OMOTENASHI」と「EQUULEUS」を搭載し、月着陸技術や軌道制御実証などを行います。

SLS(Space Launch System) -月へ飛び立つ超巨大ロケット

Orion(オライオン宇宙船)―人類を約50年ぶりに月へー

 

5 HALO/PPE打ち上げ

HALOPPEは、月周回有人拠点「ゲートウェイ」の構成モジュールとして最初に打ち上げられます。

月周回有人拠点「ゲートウェイ」に近づくオライオン宇宙船
Credit: NASA

 

HALOは、居住機能を備えたモジュールで、「ミニ居住棟」と呼ばれます。アメリカのノースロップ・グラマン社が開発を担当。日本は、バッテリー分野で貢献します。

PPEは、「Power and Propulsion Element(電力・推進エレメント)」と呼ばれ、その名の通り電力や推進を担う重要な部分です。

 

HALOPPEは、2024年にスペースX社のファルコン・ヘビーロケットで打ち上げられる予定です。打ち上げ後10ヶ月から12ヶ月かけて、PPEの推進機能を用いて、NRHO軌道へ移動(遷移)します。

 

6 アルテミス2

アルテミス2は、4人の宇宙飛行士がオライオン宇宙船に乗り込み、地球と月を往復する10日間の有人試験飛行です。アルテミス計画としては、初の有人ミッション。50年ぶりに人類が月から地球を見ることになります。

 

2023年に実施される予定でした。しかし、アルテミス3の時期が2024年から2025年と1年延期されたため、アルテミス2は、2024年に行われる予定です。

 

 

7 アルテミス3

いよいよ、アルテミス計画初の有人月面着陸となります。同時に、人類史上初めて女性が月に着陸する予定で、NASAは、the first woman and next manと表現しています。アルテミス3は2025年をめどに実施される予定です。

 

飛行士が月へ着陸するために使用される「月着陸船」は、HLS(Human Landing System)と呼ばれます。NASAが開発するのではく、民間企業が開発し提供します。NASAは、2021417日に、SpaceXが開発する「Startship」を月着陸船として選定しました。


SpaceXが開発する「Starship」が月面着陸する様子
Credit: SpaceX

 

4人の宇宙飛行士を乗せたオライオン宇宙船は、まず有人月周回拠点「ゲートウェイ」にドッキングします。飛行士は、ゲートウェイに接続されている月着陸船に乗り換えて、月面へ降り立ちます。つまり、ゲートウェイが月面と地球の中継点となるのです。

アルテミス3のミッション
6と7が月面着陸のステップとなる
Credit: ESA

 

アルテミス計画のゴールは、宇宙飛行士が月面に降り立つアルテミス3ミッションではありません。月よりさらに遠い火星を目指します。月面に人類が住める基地を作ることで、火星へ行くための「中継地点」となります。アルテミス計画は、20年先、30年先の次世代まで続くミッションとなるでしょう。

 

参考:

NASA Artemis PLAN NASA’s Lunar Exploration Program Overview p14

NASA, Around the Moon with NASA’s First Launch of SLS with Orion

NASA, CUBESATS ON NASA’S SPACE LAUNCH SYSTEM

NASA, Artemis I Update

JAXA, アルテミス計画に関する各国の開発状況について p5, 7

SpaceNews, NASA delays human lunar landing to at least 2025

NASA, As Artemis Moves Forward, NASA Picks SpaceX to Land Next Americans on Moon

ESA, Artemis 3 step-by-step



出口 隼詩