イベント

EVENTS

8年に一度の好条件【ペルセウス座流星群】

8月13日にペルセウス座流星群が極大を迎えます。ペルセウス座流星群は”三大流星群”の一つです。7月17日~8月24日にかけて出現しますが、特に8月11日~13日にかけて流星の数が増えます。最も流星を見ることができるのは13日の夜明け近く(午前3時頃)とされており、1時間あたり50個程度の流星数が予測されています。

 

Credit: NAOJ

 

また8月8日が新月であり、12日頃はほとんど月明かりの影響を受けないため、今年は8年に一度の好条件であると言われています。街灯や建物の明かりなどが少なく、広く空が見渡せる暗い場所で観察してください。流星は放射点を中心に放射状に全体に飛ぶため、方角は気にせずに空の広い範囲を見渡すようにしましょう。多くの流れ星を見ることができる絶好のチャンスですので、皆さんぜひ夜空を見上げてみて下さい。また、アメリカ・ハワイにあるすばる望遠鏡から、ペルセウス座流星群ライブも行われる予定です。あいにくの天気で観測できない場合は、ぜひこちらのサイトで流星群を見てお楽しみください。

ペルセウス座流星群ライブ: https://www.naoj.org/PIO/LiveCam/cam_redirect.html 

 

Photo credit: NASA